課税対象所得の範囲を確かめよう

会社員が副業をする目的は人それぞれですが、収入が増えればその分税金がかかることを理解する必要があります。
税金の内容は所得税や住民税がありますが、きちんと申告しないといつの間にか給料から天引きされてバレて気まずい雰囲気になりやすいです。

課税対象所得は副業をするために経費がかかれば差し引いてもらうこともできますが、申告をしないとないものだと判断されることになります。

必要経費は税務署側が関連性があるか確かめて判断するため、自分で勝手に思い込んで差し引かないようにすることが重要です。
認められる経費は情報商材やツール、サーバーなどがありますが、スマホやパソコンについてはプライベートでも使うため認められないこともあります。

また、申告をする際には領収証を添付しないと証明できないため、事前に準備して正確な内容を記入することが大事です。

申告をするときは慌てないようにしよう

確定申告といえば2月中旬頃から3月中旬頃までの期間内に行いますが、年度末にも近くて勤務先では決算処理がありどうしても忙しくなります。
このため、書類を作成する余裕すらなくなるため、中途半端な状態で提出しないといけなくなります。

また、書類に不備があれば認められないこともあり、翌年に繰り越せないと請求される税額が増えて損をすることにもなります。
確定申告には白色申告と青色申告がありますが、それぞれの違いを把握して行わないといけません。

申告の手続きをするためには書類を提出しやすくなるよう段取りを決め、不備があれば税務調査を受けることになるため困らないようにすることが大事です。

確定申告は1年の総決算だと考えよう

確定申告は去年の1年間の報酬の金額に応じて税額を決めるため、1年の総決算だと位置付けることもできます。
税額は前年の所得から経費を差し引いた金額で計算されるため、確定申告をするときはきちんと書類を集めて正確に記入することが大事です。

経費は副業をするために使った金額になるため、きちんと理解して領収証を提出して証明する必要があります。会社員の場合は年度末の時期に決算を行いますが、自分自身にかかる税金を正確に報告することでも重要な時期です。

領収証は経費がかかればもらえるようにしないと証明できないため、事前に確かめてから購入する必要があります。確定申告はすべきことが多くてめんどくさいですが、自分自身の総決算だと考えてきちんとすることが大事です。